チャートポイントでのブレイク

価格が上がって行ってはね返されて反落するポイントがあるとします。
過去のチャートを見ても同じようにそのポイントで何回もはね返されています。
たくさんの人がそのポイントをチャートポイントとして見ており、そのポイントの下では
売る人がたくさんいるので反落します。


そのポイントを仮にAとします。
Aのポイントで売る人というのは、もともと買いポジションを持っていてAのポイントまで上がると
売りが出やすいところなのでいったんは利益を確定するために売ります。
ポジションを持っていない人は、価格がAに近づくと反落するポイントだと認識しているので、
新規の売りポジションを持ちます。

レンジ相場での逆張りトレードです。
レンジの下で買って上で売り、上で売って下で買い戻すということを繰り返して利益を得ます。
レンジが続く限り逆張りが有効に働きます。

Aポイントはそのレンジの上の抵抗線です。
ある日突然Aのポイントを価格が上抜けていきました。さて、どうなるでしょう。

レンジのブレイクを狙った順張りトレーダーがチャンスが来たぞと買いエントリーをします。
それに加えて、Aのポイントの下で売っていたレンジの逆張りトレーダーが損切りを実施します。
レンジの逆張りトレーダーはレンジ相場を前提としていますので(Aのポイントでは反落することが前提)、
レンジが崩れたら想定外ということで、
レンジの抵抗線であるAのポイントを上抜けたら損切りです。

つまり
Aのポイントを上抜けると順張りトレーダーの新規買いと逆張りトレーダーの返済買いが起こるので
たくさんの買いが集まって価格が急上昇することもあるのです。

このような魅力的なチャートポイントでは逆指値注文を使って上昇に乗りたいですね。

やり易い損切りとやりにくい損切り

逆張りで買いポジションを取ったとします。

例えば、調子よく上げている株が少し下がってきたので買います。
するとまだ下げていきます。

そこで考えます。
「ここは少し前に下げ止まったところだから、反転して上昇するかも
しれない。」
と、買いポジションは保有のまま様子をみてみます。

すると反転せず、また下げてしまいます。

そして考えます。
「少し下にMA25があるから、そこで反転するかもしれないし、
もう少し様子を見てみてMA25のラインを下抜けてしまったら
損切りをしよう。」

MA25を下抜けました。

また考えます。
「MA25をちょっと下抜けてすぐ反発してくることなんて
しょっちゅうあるし、ここで損切りして反発されたらバカみたいだし。」


・・・・・・

逆張りの損切りってしにくいですね。

それに対して
順張りのトレードの損切りは
例えば買いの場合、上抜けがダマシになった瞬間に損切りです。
損切りのポイントが明確です。

損切りどころか、逆方向への「ドテン」も検討しなくちゃなりません。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本