やり易い損切りとやりにくい損切り

逆張りで買いポジションを取ったとします。

例えば、調子よく上げている株が少し下がってきたので買います。
するとまだ下げていきます。

そこで考えます。
「ここは少し前に下げ止まったところだから、反転して上昇するかも
しれない。」
と、買いポジションは保有のまま様子をみてみます。

すると反転せず、また下げてしまいます。

そして考えます。
「少し下にMA25があるから、そこで反転するかもしれないし、
もう少し様子を見てみてMA25のラインを下抜けてしまったら
損切りをしよう。」

MA25を下抜けました。

また考えます。
「MA25をちょっと下抜けてすぐ反発してくることなんて
しょっちゅうあるし、ここで損切りして反発されたらバカみたいだし。」


・・・・・・

逆張りの損切りってしにくいですね。

それに対して
順張りのトレードの損切りは
例えば買いの場合、上抜けがダマシになった瞬間に損切りです。
損切りのポイントが明確です。

損切りどころか、逆方向への「ドテン」も検討しなくちゃなりません。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本