トレード時の焦り

ずっとトレードの調子がよかった後に勝てない日が続く。
勝ったり負けたりで利益が増えない。
一週間のトータルがマイナスになった。
あるいは一ヶ月の収益がマイナスだった。

損失を出したり、利益目標に達しなかったりして、その結果に不満を感じていると
気持ちが不安定になり、焦ってきます。

特に収益がいったりきたりで増えない時に、トレードチャンスを逃していると
自分を責めてしまい、落ち込み、なんとかチャンスを掴まなければいけないと焦ります。

焦る気持ちのままトレードをすると、トレードチャンスを待つというより
トレードチャンスを探しに行きます。

少しでも利益を増やそうと焦っているので、チャンスでもないのにチャンスに見えてしまいます。
いわゆるポジポジ病(とにかくポジションを持っていないと気がすまない病)になってしまい
無駄なトレードが多くなります。 そして損失を取り戻そうとロットサイズを上げますが、
チャンスでもなんでもないところで無理をしてエントリーするのでいっそう傷を深くしてしまいます。

このように
たまたま稼ぎにくい時期だった、あるいはちょっと調子が悪かっただけだったのが
ほんとうに深刻なスランプに陥ってしまうことがあります。

焦ってくるのは自分のトレードの結果に不満があるからです。不満が出るのは期待をしているからです。
しかし、トレードの結果は自分でコントロールできるものではありません。
自分でコントロールできるのはトレードの規則を守ることだけです。


ですので
自分でちょっと焦っているなと自覚できたら、「トレード結果」に向いてしまっている意識を
「トレード規則」に向け直します。ロットサイズを落として、チャンスが来るまで待つのです。
自分の規則を守る事のみに集中します。

エントリーと手仕舞い、ロットサイズの明確な規則はスランプから抜け出すのに重要な役割をします。
規則を何度でも意識できるよう、トレード中やトレード後に見直し、意識の中に内在化させます。
内在化は繰り返しによる習慣から生まれます。
トレード規則を内在化してしまえば、
フラフラと規則から逸脱してしまっても軌道修正が容易になるでしょう。

小さな達成感を感じる

トレード規則を守ろうと実行し始めるのはそれ程難しいことではないでしょう。
自分の問題点をしっかり認識し、改善策を講じて実行に移すだけです。

ところが、やり始めることより、やり続けることの方が難しいのです。
やり始める時は「よし、やるぞ!」と心にエネルギーが満ち溢れている状態なのですが、
そのうちにそのエネルギーが消耗してしまい、足りなくなってしまいます。
そうなってくるとせっかく守ると決心したトレード規則は
ついついいとも簡単に破られてしまいます。

トレード規則を守り続ける!
その心のエネルギーを持ち続ける秘訣は「達成感」です。
心のエネルギー、つまり意欲は、なにか目標を定め、それに向かって努力をし、
その結果成し遂げることができたときに、
「できた。自分にはやり遂げる力がある」
という気持ち、達成感や自信を感じることができると
次はもっと頑張ろうとする意欲に繋がります。
よって困難な試みでもやり続けることが可能になります。


今日は○○円稼ぐ!
このような目標は現実的ではありません。
トレードのプロセスに集中する の記事も読んでみて下さい。
トレードの規則に反してロスカットしないで持っていたらたまたまラッキーで利確できた
というトレードは失敗トレードです。
反対に自分で決めたポイントでしっかり手仕舞いしたのに、その後反転し利益を取り損ねた
というトレードは成功トレードです。
規則に忠実なトレードは成功トレードです。

成功トレードを繰り返しても資金が減っていくようであれば、規則を守ることが悪いのではなく
トレード手法そのものが適切でないということなので、
トレード手法自体を改良しなければなりません。
よいトレード手法を持っていることと、ちゃんと規則を守れるということは別のことです。
いくらよい手法を持っていても規則を守れなければ「ぶたに真珠」となってしまいます。
規則を守れないのであればどんな良い手法を使っても稼ぎ続けることはできません。

話をもとに戻します。
稼ぐ確率の高いトレード手法を持っていることを前提にお話しています。

毎日の目標は「トレード規則を守り続ける!」ということです。
そして
トレード規則を守ったことによる達成感をじっくり味わう様にして下さい。
自分をコントロールし、実行できたことをちゃんと評価して下さい。
予定通りエントリーし、確実に手仕舞えたことはすばらしいことなのです。
自分をコントロールしたまま成功トレードを続けて1日を終えたら、自分を褒めてあげて下さい。
ちゃんとできたのですから、できたという誇りと自信をしっかり体感して下さい。

そして資金は増えてますか?
手法に優位性があれば資金は増えていますね?
規則をしっかり守って、その結果資金が増えているという体験をどんどん重ねていきましょう。
規則を守っているという自信に、資金が増えている喜びと満足感が加わると
相乗効果も期待できます。心のエネルギーがますます高まります。
もっともっと目標に向かって頑張ることを容易にします。

やればできる、自分にはやり遂げる力があると感じることを「自己効力感」といいます。
「自己効力感」を強化することによって潜在能力を高めることができるのです。

毎日のトレードの時間以外でも
心を落ち着けて、深呼吸して、リラックスして、
自分が規則通りにエントリーし、手仕舞いしている様子をイメージします。
規則通りのトレードができた後は心地よい満足感に浸ってみましょう。
このように実際のトレードでなくても、イメージすることによって
満足感を感じたり、自信を深めることで、「自己効力感」を強めることができます。
トレードの前に時間を取ってイメージトレーニングをするとよいでしょう。

私にはやり遂げる力がある!

トレードのプロセスに集中する

スポーツ選手が、
例えばフィギュアスケートの選手がオリンピックで金メダルを取ることを目標にしていて
頑張っているとします。
本番で金メダルをとることを考えて演技をしているのと、演技そのものに集中しているのとでは
どちらがパフォーマンスがよくなるでしょうか。

当然演技に集中して役になりきって演じるほうが、より素晴らしいパフォーマンスになるのは
容易に想像できますね。

金メダルが取れるかもしれない、なにがなんでも金メダルを取るぞ、ここで失敗しては金メダルが取れない、
などと考えていては体は緊張してしまい、いつも練習しているようには動かなくなってしまいます。
プレッシャーでガタガタになってしまうこともあります。

金メダルは演技に集中した結果ついてくるものです。

トレードも同じように考えることはできないでしょうか?

「今日は○○円稼ぐ」という目標を立てたとします。
ある程度利益が出ていて、その他に含み損のポジションを持っていて、損切りする場合、
この損切りをすると今日の目標金額を達成することが難しくなってしまう!
目標が達成できない!
ということがふっと脳裏をよぎり
その瞬間の損切りを躊躇してしまうようになります。
その結果
損失がもっと大きくなってしまい、最初ほ時点でちゃんと損切りを実行していればよかったという
後悔と自責の念だけが残ります。

稼ぐ金額を気にしていると、決済するたびに、今日の利益は今のところいくらぐらいだとか、
損切りすると、いくら利益が減ったとか
脳はこちらが頼みもしないのにちゃっちゃと金額計算をしてくれます。

そのお陰で
私達のトレードのその瞬間の判断が遅れる、最悪は判断を変えてしまうかもしれません。

また
利益が乗っているトレードでも、今日これだけ稼げれば十分だなどと脳がアドバイスしてくれので、
さっさと手仕舞いしてしまい、せっかくの大きな利益をものにするチャンスも掴めなくなったりします。

脳が稼ぐ金額に集中している限り、稼ぐために必要な判断をしなくなり、
稼げないトレードをしてしまう判断をするようになってしまうのです。

ですので、

脳には
フィギュアスケートの選手が演技に集中するのと同じように
「トレードを正確に実行するプロセス」に集中しておいてもらわねばなりません。

自分が決めたトレードの規則に忠実に実行するというそのプロセスだけに集中するのです。

利益はトレードを正確に実行した結果ついてくるものです。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本