自分のパターンを変える

例えば自分の買いポジションの損切りパターンを思い浮かべます。

1・思考のパターン
あ~~下がってしまった。せっかくいままで順調に利益を積み重ねていたのに。
もうちょっと上がらないかなあ。
2・感情のパターン
イライラ、さっきまでの気分がすっかり不快に変わり、欲求不満。
3・行動のパターン
イライラしながら価格を見守る。なんとか買値付近まで戻し損切りを実行しようとするが、
また下がったので様子を見て・・・・損失が大きくなってから損切りを実行。

損切りの状況になった時に、思考・感情パターンが不快なストレスを引き起こすと
それに続く行動パターンが最悪の結果にもなりかねません。

1と2の思考・感情パターンを変えてしまえば3の行動が変わってきますね。

トレードで稼ぐことをお店を経営して商売することと同じだと考えてみましょう。
お店で売り上げを得るためには商品を仕入れたり、設備投資のために必ず出費します。
この必要経費がなければお店を経営することはできません。

トレードは利益確定と損切りを重ねていって最終的に利益が残るようにします。
すべて利益確定だけのトレードは不可能ですよね。損切りを絶対しないためには
トレードをしないということ以外には方法がありません。利益確定をするためには
ある程度の頻度で損切りをすることが絶対必要です。利益確定には損切りが絶対必要なのです。
損切りはお店の必要経費と同じでトレードの必要経費なのです。

お店の仕入れコストを増やすということは売り上げを増やすということを期待します。
単価の高い商品の方が一般的により多くの売り上げも見込めますね。
トレードの損失額が大きい方が利益も大きくなるということです。

ちょっと話が飛んでしまいましたが、手法が適切であればリスクを取って大きなロットサイズで
トレードすればより大きな損切りをすることになりますが、その分、より大きな利益が期待できます。

少し話を戻して、
とにかく損切りは必要経費であり、払っていればそのうち利益が生まれています。

ですので1と2の思考・感情パターンは
はいはい喜んで~。商売するためにどんどん払いますよ~。
→3・将来の期待を込めて払うものはさっさと払う。

こんな感じにすると不快なストレスは発生せず、即決損切りの行動パターンに行き着きそうです。
お店の商売として考えてみましたが、思考パターンはもっといろいろなパターンを作れそうですね。

面白そうなパターンができたら、実際のトレードでの状況で当てはめて下さい。
そして何回も繰り返して習慣付けて下さい。繰り返せば繰り返す程そのパターンは鉄板になります。

ついでに脳の特性も利用しましょう。
現実と仮想の区別がつかない脳の特性です。
すっぱそうな梅干が目の前に出てくると唾液が出ますが、
すっぱそうな梅干を想像しただけでも唾液は出ます。
それと同様に、実際のトレードで思考パターンを繰り返すのが効果的ですが、
イメージの中でその状況を思い浮かべ、思考し、決断、実行のパターンを繰り返すのもとても有効です。

早く学習して習慣化してしまえば早く楽になりますね。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本