日経平均先物や指数に影響されない株

輸出関連株や機械株をデイトレードしていると、日経平均先物
ドル円、ユーロ円などの為替の動向をチェックしないわけには行きません。
日経平均先物がいきなりドーンと下がったりすると焦りますよね。

買った銘柄がすべて輸出関連株だったら、手仕舞いもどたばたしてしまい
損失を大きくしてしまうかもしれません。

逆指値で自動的に手仕舞いするように設定してあれば、いっきに手仕舞い
されますが、手動で手仕舞いする場合は手遅れになってしまいます。

また
お昼にご飯を食べて戻って来たら、先物が急激に下げていて、後場の寄り付きで
午前中の利益を吐き出して成り行きで手仕舞いとか、
ほんとうにがっかりしてしまいます。

そんなときのために、あまり先物や為替、指数に影響されない、
医薬品株や、小売などの内需株もトレードに加えて置くと安心できます。


新興市場銘柄も我が道を行く銘柄が多いですが、
激しい値動きはちょっとという場合は
東証1部の医薬品株、内需株を使ってみて下さい。

先物や指数を気にする必要がないので、気楽にトレードできますよ。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本