新興市場銘柄のトレードのハイリスクを低リスクにする3

新興市場銘柄は値が大きく動くので東証1部銘柄をトレードするより
資金も時間も少なくする方がリスクがを抑えることができ、
売買手数料が減り自分の時間も増えるかもしれません。
売買手数料と自分の時間はお得かもしれませんが次のようなリスクの下げ方はリターンも下げてしまうので
新興市場銘柄のハイリスクハイリターンを中リスク中リターン、あるいは低リスク低リターンに
してしまう可能性はあります。


しかし
新興市場銘柄は単に値幅が大きいというだけでなく、「短時間」に値が大きく動くという特徴も
あるので、中リスクハイリターン、低リスクハイリターンの可能性は依然残ります。

1回の投入資金を少なくする。
値があがって行く時、新興市場銘柄は割りにすんなりすーっと上げていくことも多いのですが、
やはり上下に上がったり押したりを繰り返して上がります。その上下の値幅が大きいので
心理的に耐えるのが難しいかもしれません。1日中引っ張って大きく利益を伸ばそうとしても
大きな上下の値幅に精神的ストレスを感じ、耐え切れずに手仕舞いしてしまいます。
そんな時は1回の投入金額を少なくして、ホールドするようにすると複数の銘柄も保有したまま
精神的に余裕を持ったトレードができ新興市場銘柄特有の大きな利益幅を楽しめます。

値動きが早すぎて万一損切りが遅れてしまっても心底落胆するような損切り幅にはらないでしょう。
逆指値を入れて自動で損切りや手仕舞いを入れるのもよい方法ですが、板が薄い場合はとんでもない
ところで約定してしまうことが多いので、早めに手動で手仕舞いするのをおすすめします。

そこそこ利益がでたら早目に手仕舞う。
大きく動いたならそれでよしとし利益確定してしまってもいいと思います。
トレーダーが盛んに売買する時間帯の9時~10時半ごろ手仕舞いしてしまいます。
その辺りででピークをつけてしまう銘柄も結構あります。
買った直後に勢いをついけて上げていき、
ちょっと動きが止まったと感じた辺りで手仕舞いしてしまってもよいと思います。
短時間で上げて短時間で押し目をつけ、再度上昇したものの高値を抜けない
または高値を抜けたのに買いが続かないと感じたら手仕舞いします。
ほんの数分で終わってしまうこともありますが、これもいいと思います。

それから上げて押して上げて押して上げたら手仕舞いする、つまり3回(または2回)上げたら手仕舞いします。
特に3回目の上げに勢いがなくなったら手仕舞いします。
また後場にあげるかもしれませんが、後場は後場のプレイクポイントでトレードできます。

もちろん1日中ホールドしてもいいですが、
新興市場銘柄は午前中だけでも結構な利幅が取れることが多く、午前中に上げて後場は行って来いで
垂れてしまうリスクを回避できます。

必要なら板も監視する。
板を監視するのは特に買い板や売り板が少ない銘柄をトレードするときです。板の様子が変わったらすぐに
手仕舞いしてしまえるように板も表示させておくと機敏に反応できてよいのですが、他のトレードチャンスを
逃す事もありますので、あまりに暇で取引量が少ない銘柄を取引する時はいいかと思います。
もっとも板を監視しなければならないトレードはちょっとリスクが高すぎますね。

はじめの決断を変更してしまう

利益を出ているポジションをずっと持って利益を伸ばしていたのに、
少し押されて利益が減ってしまう不安に襲われ予定より早く手仕舞いしていまった。
ずっと方向感のない相場でトレードチャンスがなく欲求不満から、余計なトレードをしてしまった。
最初に躊躇してしまい、最初に買うべきポイントからもうかなり上がってしまっているのに
つい買ってしまった。
損切りポイントで様子を見てしまって損切りが遅れた。

このような経験は何度もします。
市場の動きに対して、不快なストレスをためていると
するべき決断を変更してしまう可能性が大きくなってしまいます。

冷静に成り行きを観察している時は的確にはじめの決断を実行しやすいですね。

市場の動きに対する感じ方は認識の仕方によって異なります。
状況の認識の仕方は人それぞれで、自分のフィルターを通して認識します。
どんなフィルターを通して市場の動きを見ているか、
それを知ると不快ストレスを溜めずにすむかもしれません。

例えば、
買いポジションを持っていて順調に利益がでているとします。損切りポイントを買値にズリ上げます。
すると価格が下がり利益がなくなってしまうと感じます。最近あまり稼ぐことができず、
今日は利益を出してトレードを終わりたいと考え薄利で手仕舞いしてまいました。
後からチャートをよく見てみると手仕舞いしたポイントは抵抗線の上であり、
絶好の押し目買いのポイントだったということがわかります。

これは「なんとしても利益を出したい」というフィルターを通して値動きを見ているために
いったんの押し目を脅威と捉えているためです。価格の下落が脅威なのではありません。
価格の下落をフィルターを通すことによって利益がなくなる脅威と認識してしまっているからなのです。

トレード日誌に市場の動きとそれに対してどのように感じているかを書き出すと効果的です。
ストレスを感じているときに、どうしてそんなに不安を感じているのかいつも自問して
そのフィルターの正体を知り、ゆがんだ見方で市場を見ないように気をつけることで
余計な不快ストレスを避けることができます。

大きなロスカットはなぜ防げない?

トレードでコツコツと利益を積み重ねて、ロスカットもちゃんとして、頑張って続けています。

あるトレードで買いのポジションを持っていましたがロスカットのサインが出ていたので、
決済売りの注文をしようとしました。
ところが 
突然大きな売り注文が出て、価格がいっきに下落してしまい、大きな含み損になってしまいました。
想定外の損切り価格です。
こんな価格で決済してしまっては今日の利益が全部飛んでしまいます。

そこで
もうちょっと戻ってから損切りをしようと思います。

少し価格が戻ってきたので、
もうちょっと!もうちょっと戻してくれ!と損切りの実行を延ばしていたら、
またしても大きな売り注文が出て価格は下落し、
目の前に映し出されている損失額の数字に唖然とします。

頭の中が真っ白になり、しばらくの間どうしていいのかわからなくなります。

「またやった・・・・・」

我に返って、損切りを実行します。
このロスカットの金額は、一週間なんとか頑張ってきた努力を一撃で吹き飛ばしてしまいました。

「なんてダメな人間なんだ、人間のくずだ。
同じミスばっかり繰り返して、ちっとも進歩しない。いつまでたっても勝ちトレーダーになれない。
なんで、最初にちゃんと損切りしなかったんだろう。それ前まではちゃんとやっていたのに。
もう絶対損切りを躊躇することはしないとあんなに誓ったのに・・・・・。」

自信を喪失し、自己嫌悪感で生きる意欲もなくなってしまいます。
頑張っても頑張っても結果がついてきません。

ちょっと利益が増えたと思ったら1回のトレードで元の木阿弥
この1回のトレードさえなかったら・・・・・

この1回の損切り失敗トレードがある限り、いつまでたっても勝ちトレーダーにはなれません。
この致命的な失敗トレードはどうやったらなくすことができるのでしょう。



自分の意識が何に集中しているのか自分自身をよく観察してみてください。

「今日は○○円稼ぐのが目標!」
ですか?

だとしたら、稼げない可能性の方が高くなってしまうかもしれません。

1 / 212
 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本