新興市場はハイリスクハイリターン?

マザーズやジャスダックの新興市場銘柄は東証1部銘柄よりもデイトレードがやり易い
と感じるかもしれません。
サイバーエージェントや楽天などの売買高が多い一部の銘柄を除けば、
新興市場銘柄は取引量の少ない銘柄が多く、買い板や売り板がまばらなので少しの買いが入るだけで値が飛び、
短時間で大きな利幅を取るとこができます。

また、新興市場銘柄は個人投資家が多く参加していて、値動きが素直だと言われています。
大口のプロが莫大な資金でトリッキーな仕掛けをしないせいでしょうか、
とにかく新興市場銘柄は一方方向に素直に値が動きやすく、
ちょっと買いが集まれば簡単にストップ高に行ってしまうこともめずらしくありません。
運よくホールドしたままストップ高まで行きそのまま場が引けると、翌日はギャップアップ(前日の
終値より当日の始値が高いこと)する確立が高く、ギャップアップどころか翌日もストップ高で
値がついたりなんてこともあります。

東証1部銘柄は3%も値幅が取れれば御の字ですが、新興市場銘柄は10%も20%も値幅が動くものが
ざらにあります。少ない資金で効率的に稼げる可能性があるといえます。

しかしよいことだけではありません。当然のことながら
短時間で利益を上げることが出来る代わりに、短時間で損失が膨らむこともあるのです。
あっという間に含み益が膨らんだと思ったらあっという間になくなってしまったなんて事も起こります。
それならまだよいのですが、買ったとたんに大きな含み損が・・・・なんてことも。
つまりハイリスクハイリターンなのです。

「な~んだ、ハイリスクハイリターンなら辞めておこう」と考えるかもしれませんね。
でも
このリスクの部分は工夫次第で低く抑えることが出来ます。

●あまりにも出来高が少ない銘柄はトレードしない。

●損切りや手仕舞いのための板があるか確認してからトレードする。

●日足チャートをしっかり確認する。

●まさに今日ブレイクしようとしている銘柄をトレードする。(これ一番大事)

●1回の投入資金を少なくする。

●そこそこ利益がでたら早目に手仕舞う。

●必要なら板も監視する。

●危険を察知したらすぐ手仕舞いする。

もっと詳しく書きますね。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本