出来高急増ランキング

株価がそれ程動いている訳でもないのに、出来高だけ増えている銘柄があります。
このような銘柄も要チェックです。

吹き上がる前に誰かが仕込んでいるのかも知れませんね。
とにかくたくさんの取引がされていて、注目され始めたということです。

注目するトレーダーが増えてきたということは株価が急に動き出すかもしれません。

前日に出来高が増えている、またはここ数日にわたって出来高が増えている銘柄は
監視銘柄に入れておいて、朝の寄り付きの売り板、買い板をチェックしましょう。

いきなり高く寄り付きそうな気配値であれば、「今日のチャンス銘柄」となる確率が
高くなります。


普段の出来高や値動きを観察していて「ん?なんかちょっと違うな」と異変に気づいて
初動に乗れるといいですね。

ランキングは、銘柄を探してすぐにトレードするというより、
探した銘柄を監視して次のチャンスを狙う、という使い方の方が安全です。

「噂で買って事実で売る」という言葉がありますが、
ニュースが出る前にすでに上がっていてニュースが出ると同時に下げる、
なんていうことは多くあります。

ニュースなどの材料より株価の方が先行して動くんですね。
また株価が動く前には出来高が増えていることも多いのです。

出来高急増ランキングでチャンスが近い銘柄を探し出しましょう。

株価急騰ランキング

もしお使いのトレードツールで
株価急騰ランキングを使えるのでしたら、たまに見てみると面白いと思います。

株価急騰ランキングは、1分間で急騰している銘柄を探したり、、
1時間前から現在までで急騰している銘柄を探したりなど、
指定した時間の間で急騰率が高い銘柄を探すことができます。

指定時間を1分間にして探すと、なんでもかんでもヒットしてしまい、
あまり効率がよくないのですが、
3~5分ぐらいで急騰していて、かつ昨日の終値より高い銘柄には
探し出したその瞬間がチャンスになっているということがあります。

急騰といっても勢いよく吹き上げている銘柄ばかりではなく、
じわじわ上げている銘柄も含まれます。

そのようなじわじわじわ上げている銘柄で日足チャートのよいものに飛び乗ると、
じわじわからの吹き上げに乗ることができるかもしれません。

けれども
そんなに頻繁に探せるという訳ではないので、トレードの対象をとなる銘柄が
ない時などに暇つぶしにやるという感じです。

上昇率ランキング銘柄の監視2

上昇率ランキングから選んだ銘柄は数日の間(またはもっと長い間)監視します。
ランキングから選んだ銘柄はその日の日中足(5分足など)でチャンスを狙う
というやり方もできますが、
日足レベルでもチャンスを待ちます。

(ランキングに登場してきたのに翌日にはほとんど上げ分を下げてしまうような
銘柄は除外します。)

翌日もほとんど下げず、何日かそのあたりで値動きがなくなってきた銘柄
注目します。

最初の吹き上げから数日後、そのまま高値でもみ合いが続き、値幅が小さくなり
出来高も少なくなってきたら、
そろそろ2回目の上昇のチャンスにありつけるかもしれません。
最初の吹き上げの時に利益を得た人の利益確定をこなしながら尚も値が落ちない、
つまり強い銘柄は
2度目の吹き上げが期待できます。

寄り付きの板の様子が変わってきて、突然売り板も買い板も増えていて
高く寄り付きそうな気配ならチャンス到来です。

寄り付きで買ってもいいですし、
いったんの下げを待って始値プレイクでもいいですね。

1 / 212
 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本