上昇相場で勝てない人はこれだけをやろう

個人トレーダーが続々と戻ってきて、とてもデイトレードがしやすい相場になってきました。
これほど勝ちやすい相場は久々のことではないのでしょうか。
こんな相場で勝てないという人はかなり勉強をしないといけないかもしれません。

上げているんです。
デイトレードなら、買い!買い!買い!買い!です。

もちろんデイトレの上級者なら行き過ぎの修整を狙う、売りもありですが、
とても難しいのです。
経験豊かなトレーダーが確率の高い状況判断ができてこそです。

まだ勝つことができない、あるいは勝てても、勝ち続けることができない、
とんとんで収支がよくならないなら、
トレンドと同じ方向にトレードするのが鉄則です。

今のような右肩上がりの相場なら、
やるべきことは押し目買い、保ち合い上抜け買いのたったふたつのことで
がんがん利益を上げることが可能です。

何度も言いますが押し目買いポイントはいくつもありますが、
保ち合いのブレイクポイントは誰が見ても一つしかなく
とてもわかりやすいものです。

一番簡単な手法といってもいいかもしれません。

もし、あなたがぜんぜん稼げていないのなら
今、このチャンス相場で、馬鹿になってたった一つの手法を繰り返して下さい。

保ち合い上抜けの【買い】のみです。

一番簡単な手法です。

日足チャートで右肩上がりのチャートの銘柄を狙い、
(この時期、右肩上がりでないチャートをみつける方が難しいですが^^;)
寄り付き後に揉み合い、5分足チャートが三角保ち合いのチャートを形成するまで
じっくりと待ちます。

あるいは、寄り付きから上がり、揉み合いになり、三角保ち合いチャートが形成されるまで
待ちます。

最初のブレイクポイントを逃してしまっても、2回目もまだ間に合うパターンは
今は非常に多いのです。
なんせトレンドが明らかに上向きですから。

5分足チャートが三角になったチャートの銘柄を気配値とともにじっと観察し、
ブレイクしそうになったらできるだけ早く買うのです。

ブレイクの判断も難しいのですが、今、ほんとうにブレイクする確率が高いので、
どんどんやって経験値を積んでみてください。
特に一度下にブレイクしたような感じになって、下髭で終わったチャートは
もっとチャンスです。
上がる確率がもっと上がります。

ブレイクするとすさまじい勢いで上がってしまうので、頑張って食らいついて下さい。

これだけをやり続けてみてください。
他のことは一切しない、
右肩上がりの日足チャートで5分足の三角保ち合いのチャートパターンをみつける。
みつからなかったら、みつけるまで絶対余計なトレードをしない。

デイトレーダーのやる事の多くは【待つこと】です。
チャンスが来るまでじっと待つ。
チャンスが来たら実行できるように、しっかりと準備をしておく。

ブレイクで買い。

買うタイミングは経験を重ねるともっとはっきり分かってきます。
相性のよい銘柄もできてくることでしょう。

新興市場銘柄がとても活況です。

チャートポイントでのブレイク

価格が上がって行ってはね返されて反落するポイントがあるとします。
過去のチャートを見ても同じようにそのポイントで何回もはね返されています。
たくさんの人がそのポイントをチャートポイントとして見ており、そのポイントの下では
売る人がたくさんいるので反落します。


そのポイントを仮にAとします。
Aのポイントで売る人というのは、もともと買いポジションを持っていてAのポイントまで上がると
売りが出やすいところなのでいったんは利益を確定するために売ります。
ポジションを持っていない人は、価格がAに近づくと反落するポイントだと認識しているので、
新規の売りポジションを持ちます。

レンジ相場での逆張りトレードです。
レンジの下で買って上で売り、上で売って下で買い戻すということを繰り返して利益を得ます。
レンジが続く限り逆張りが有効に働きます。

Aポイントはそのレンジの上の抵抗線です。
ある日突然Aのポイントを価格が上抜けていきました。さて、どうなるでしょう。

レンジのブレイクを狙った順張りトレーダーがチャンスが来たぞと買いエントリーをします。
それに加えて、Aのポイントの下で売っていたレンジの逆張りトレーダーが損切りを実施します。
レンジの逆張りトレーダーはレンジ相場を前提としていますので(Aのポイントでは反落することが前提)、
レンジが崩れたら想定外ということで、
レンジの抵抗線であるAのポイントを上抜けたら損切りです。

つまり
Aのポイントを上抜けると順張りトレーダーの新規買いと逆張りトレーダーの返済買いが起こるので
たくさんの買いが集まって価格が急上昇することもあるのです。

このような魅力的なチャートポイントでは逆指値注文を使って上昇に乗りたいですね。

株のデイトレードを朝の短時間で終わらせるためには? その2

9時の寄り付きの前に、その日に狙う銘柄をピックアップしておくのですが、
銘柄のピックアップは日足チャートのテクニカル分析によって行います。

トレンドラインをブレイクしそうなチャート、抵抗線、支持腺をブレイクしそうなチャート、
三角保ちあいと形成しているチャート、あるいは自分の好きなパターンを形成しているチャートなどを
出来るだけ多くピックアップしておきましょう。


9時15分ぐらい前からは、それまでにピックアップした銘柄の気配値を確認します。
例えば、上にブレイクしそうなチャートを形成していて、買い気配で高く寄り付きそうであれば、
ブレイクを期待したトレーダーの注目度はかなり高いと言えますね。

そして9時にはトレードの条件の揃った銘柄を仕掛けていき、予定外の動きの銘柄は手仕舞いしてしまい、
利益が伸びている銘柄は自分の利益確定の方法にそって手仕舞いします。
手法はプレイク狙いの順張りです。

短時間で利益が伸びることもあり、また10時半ぐらいまでで上げ下げのピークになることも多いので、
10時半ぐらいに適当に手仕舞いしてしまうのもひとつの手です。

もちろん後場までそのまま利益を持ち越して、
最後のひと噴きで手仕舞いするとかなり利益が膨らむ可能性がありますね。

でも
そんな午後までずっとパソコンの前にいるわけにはいかないという方は、
ポジションを持ってある程度の利益が出たらさっさと手仕舞いして終わりにするということもできます。

テクニカル分析をしっかり習得して
(テクニカル分析といってもむずかしいものではなく、ブレイク狙いの順張りのシンプルな手法です。)
予習さえしっかりしておけば、朝の9時から短時間で集中的に稼ぐことができるので
忙しい主婦にとっては効率的な稼ぎ方だと言えますね。

1 / 212
 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本