新興市場銘柄のトレードのハイリスクを低リスクにする3

新興市場銘柄は値が大きく動くので東証1部銘柄をトレードするより
資金も時間も少なくする方がリスクがを抑えることができ、
売買手数料が減り自分の時間も増えるかもしれません。
売買手数料と自分の時間はお得かもしれませんが次のようなリスクの下げ方はリターンも下げてしまうので
新興市場銘柄のハイリスクハイリターンを中リスク中リターン、あるいは低リスク低リターンに
してしまう可能性はあります。


しかし
新興市場銘柄は単に値幅が大きいというだけでなく、「短時間」に値が大きく動くという特徴も
あるので、中リスクハイリターン、低リスクハイリターンの可能性は依然残ります。

1回の投入資金を少なくする。
値があがって行く時、新興市場銘柄は割りにすんなりすーっと上げていくことも多いのですが、
やはり上下に上がったり押したりを繰り返して上がります。その上下の値幅が大きいので
心理的に耐えるのが難しいかもしれません。1日中引っ張って大きく利益を伸ばそうとしても
大きな上下の値幅に精神的ストレスを感じ、耐え切れずに手仕舞いしてしまいます。
そんな時は1回の投入金額を少なくして、ホールドするようにすると複数の銘柄も保有したまま
精神的に余裕を持ったトレードができ新興市場銘柄特有の大きな利益幅を楽しめます。

値動きが早すぎて万一損切りが遅れてしまっても心底落胆するような損切り幅にはらないでしょう。
逆指値を入れて自動で損切りや手仕舞いを入れるのもよい方法ですが、板が薄い場合はとんでもない
ところで約定してしまうことが多いので、早めに手動で手仕舞いするのをおすすめします。

そこそこ利益がでたら早目に手仕舞う。
大きく動いたならそれでよしとし利益確定してしまってもいいと思います。
トレーダーが盛んに売買する時間帯の9時~10時半ごろ手仕舞いしてしまいます。
その辺りででピークをつけてしまう銘柄も結構あります。
買った直後に勢いをついけて上げていき、
ちょっと動きが止まったと感じた辺りで手仕舞いしてしまってもよいと思います。
短時間で上げて短時間で押し目をつけ、再度上昇したものの高値を抜けない
または高値を抜けたのに買いが続かないと感じたら手仕舞いします。
ほんの数分で終わってしまうこともありますが、これもいいと思います。

それから上げて押して上げて押して上げたら手仕舞いする、つまり3回(または2回)上げたら手仕舞いします。
特に3回目の上げに勢いがなくなったら手仕舞いします。
また後場にあげるかもしれませんが、後場は後場のプレイクポイントでトレードできます。

もちろん1日中ホールドしてもいいですが、
新興市場銘柄は午前中だけでも結構な利幅が取れることが多く、午前中に上げて後場は行って来いで
垂れてしまうリスクを回避できます。

必要なら板も監視する。
板を監視するのは特に買い板や売り板が少ない銘柄をトレードするときです。板の様子が変わったらすぐに
手仕舞いしてしまえるように板も表示させておくと機敏に反応できてよいのですが、他のトレードチャンスを
逃す事もありますので、あまりに暇で取引量が少ない銘柄を取引する時はいいかと思います。
もっとも板を監視しなければならないトレードはちょっとリスクが高すぎますね。

新興市場銘柄のトレードのハイリスクを低リスクにする1

短時間で利幅が取れる可能性がある新興市場銘柄でのトレードですが、
なにせハイリスクハイリターン
もし
ハイリスクハイリターンのハイリスクの部分を中リスクに、できれば低リスクにすることができたら
心理的な負担が減ってちょっと安心できますね。
安心してトレード・・・・なんて変ですね(汗)。トレードに安心なんて事はあるはずありません。
集中して気合を入れてトレードに臨んでいる最中に安心なんて・・・。
でも安定感みたいなのはあってもいいのではないでしょうか。

ではハイリスクをできるだけ低リスクにするために意識しておきたいこと

あまりにも出来高が少ない銘柄はトレードしない。
1日当たりの出来高は1株単位なら500株ぐらい~2000株ぐらい
100株単位なら50000株ぐらい~200000株ぐらいが適度な速さで動きます。
1株単位で出来高が100株ぐらいだと長い間取引が成立せず、
値が動かないまま保有することになってしまいます。もし気の短いトレーダーが
たくさんの買いポジションを持っていたらいっきに投げてしまって株価が急激に下げてしまいます。

出来高が少なすぎる銘柄というのは、普段は気長にトレードする人がのんびりトレードしている訳ですが、
たまに短期なトレーダーが入ってきて買い増していって値が上がって行きます。
値が上がっていくのはいいのですが、後についてくる人がいないとどうなるか。
後続がいないと判断するといっきに投げてしまいます。なんせ超短期トレーダーは判断が早いですから。
短期トレーダーの保有数が多ければ多い程売られてしまって値が下がり、含み損が膨らんでしまいます。

損切りや手仕舞いのための板があるか確認してからトレードする。
新興市場銘柄の値動きがよいのは買い板も売り板も厚すぎることななく、むしろ板が薄いためですが、
あまりにも板が薄すぎる銘柄は避けましょう。
手仕舞いしようにも買い板がなくて買い板に当てることが出来ず、指値をして長時間待つ羽目になったり、
売れなければ塩漬けか、はるか下の方の買い板に当てることになってしまいます。

ところがなんですが、
実は買い板がない方がよく上がったりします。これぞハイリスクハイリターンでしょうか。
下に買い板がまばらで手仕舞いできそうにない銘柄が上がったりします。手仕舞いする気のないトレーダーが
買い上げていくのでしょうね。その後上昇に気が付いたついたトレーダーがわらわらと指値を出すので、
下の方にまばらだった買い板がいっきに増えていきます。買い板を出しても約定せず、
成り行きでどんどん買われて行きます。お祭りです。
お祭りになったらラッキーですが、不発に終わるとやはり大きな痛手となります。

また大きな買い板があるにもかかわらず上がらない銘柄は上がりません。誰も注目していないので待つだけ
時間の無駄かもしれません。大きな買い板に売りをぶつけて手仕舞いしましょう。
ちなみに急上昇している途中で大きな買い板が出たのに売り板が買われないのは
もう買うトレーダーが出尽くしたということで急落します。
ちょっとでも「間」があったらできるだけ早く手仕舞いしましょう。

ちょっと脱線しましたね。
次に続きます。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本