はじめの決断を変更してしまう

利益を出ているポジションをずっと持って利益を伸ばしていたのに、
少し押されて利益が減ってしまう不安に襲われ予定より早く手仕舞いしていまった。
ずっと方向感のない相場でトレードチャンスがなく欲求不満から、余計なトレードをしてしまった。
最初に躊躇してしまい、最初に買うべきポイントからもうかなり上がってしまっているのに
つい買ってしまった。
損切りポイントで様子を見てしまって損切りが遅れた。

このような経験は何度もします。
市場の動きに対して、不快なストレスをためていると
するべき決断を変更してしまう可能性が大きくなってしまいます。

冷静に成り行きを観察している時は的確にはじめの決断を実行しやすいですね。

市場の動きに対する感じ方は認識の仕方によって異なります。
状況の認識の仕方は人それぞれで、自分のフィルターを通して認識します。
どんなフィルターを通して市場の動きを見ているか、
それを知ると不快ストレスを溜めずにすむかもしれません。

例えば、
買いポジションを持っていて順調に利益がでているとします。損切りポイントを買値にズリ上げます。
すると価格が下がり利益がなくなってしまうと感じます。最近あまり稼ぐことができず、
今日は利益を出してトレードを終わりたいと考え薄利で手仕舞いしてまいました。
後からチャートをよく見てみると手仕舞いしたポイントは抵抗線の上であり、
絶好の押し目買いのポイントだったということがわかります。

これは「なんとしても利益を出したい」というフィルターを通して値動きを見ているために
いったんの押し目を脅威と捉えているためです。価格の下落が脅威なのではありません。
価格の下落をフィルターを通すことによって利益がなくなる脅威と認識してしまっているからなのです。

トレード日誌に市場の動きとそれに対してどのように感じているかを書き出すと効果的です。
ストレスを感じているときに、どうしてそんなに不安を感じているのかいつも自問して
そのフィルターの正体を知り、ゆがんだ見方で市場を見ないように気をつけることで
余計な不快ストレスを避けることができます。

サブリミナル効果

サブリミナル効果って聞いたことがあると思います。
コマーシャルで問題になりましたね。

AとBの異なる八角形の図があり、
Aの八角形の図を認識できない程の短時間被験者に何回か見せます。
Bの図は見せません。
次にAとBの図を両方を被験者に見せて
先程短時間で見たと思う図は、Aの八角形か、それともBの八角形か尋ねると、
特にAの正解が多いという結果は得られないそうです。

質問を変えて
AとBとどちらの八角形が好きかと尋ねると、Aが好きと答える割合が多くなります。
AとBではどちらが明るいですかと尋ねると、Aと答える人の割合が多くなります。
AとBではどちらが暗いですかと尋ねると、Aと答える人の割合が多くなります。

つまり無意識に「選んでしまう」ということなのですね。
ちょっと怖いですね。

サブリミナル効果は無意識つまり、潜在意識に働きかけるものなので、しっかり見えて
認識してしまうと効果がないとも言われています。

しかし、
しっかり認識できるテレビのコマーシャルも何回も同じ画面を見せられます。
多額の広告費を払ってでも効果があるということですね。

さて
私達もその効果を利用しましょう。効果のあることはすべてやります。
「やるべき事」「トレードの規則」を紙に書いて画面の横や見やすい柱などに貼って
頻繁に見るようにしましょう。
トイレの壁に貼るのもいいですね。画面を離れて気持ちを切り替えらます。

その際は「△△しない」と書かずに「○○する」と書くようにします。
脳がよく憶えているのは○○や△△のほうで、~するとか、~しない、
つまり、するかしないかは憶えていないようです。

憤りと欲求不満に対処する

期待した結果が得られないと欲求不満がたまり、大声をだしたり、机を叩いたりするかもしれません。
ストレスを発散するために大声をだしたり、破壊的な行動をとったりすることは
実は怒りを増幅してしまうことがあります。

腹が立って何かを叩くと、その叩くという行為自体がよりいっそうの怒りを感じかねません。

少しでもイライラや不満を感じたら、トレード画面から離れてしまうのが最良の手段です。
画面から離れている間にトレードチャンスを逃してしまったら、と考えるかもしれませんが、
トレードチャンスを活かせるのは冷静な判断力があってこそです。
怒ったまま下した決断は最悪の結果をもたらす事が多々あります。
怒った心にはチャンスはピンチでしかありません。
余計なトレードをして損失を増やす必要はありません。その損失でますます怒りが爆発してしまいます。
画面から離れましょう。


イライラを感じたらトレード画面から離れ、ゆっくりと深呼吸をして、音楽や風景など、
自分がリラックスできるものに意識をゆだね、心を落ち着かせます。数分でも30分でも
時間をかけて、トレードできる心になってからトレードを再開します。

トレード中にリラックスして集中できるような音楽を流しておくのもいいですね。

ある失敗トレードに対して欲求不満を感じたら、そのトレードの様子とその時の自分の感情を
詳しくノートに書くという作業をすると、同じ失敗をする可能性が低くなります。
30分以上かけて言葉にしてみましょう。言葉で表現することで脳裏に焼きつけ、2度とするまいという
気持ちを強くします。
転んでもただでは起きませんよ。失敗から吸収できるものはしっかり吸収して、次のトレードに活かします。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本