トレード時の焦り

ずっとトレードの調子がよかった後に勝てない日が続く。
勝ったり負けたりで利益が増えない。
一週間のトータルがマイナスになった。
あるいは一ヶ月の収益がマイナスだった。

損失を出したり、利益目標に達しなかったりして、その結果に不満を感じていると
気持ちが不安定になり、焦ってきます。

特に収益がいったりきたりで増えない時に、トレードチャンスを逃していると
自分を責めてしまい、落ち込み、なんとかチャンスを掴まなければいけないと焦ります。

焦る気持ちのままトレードをすると、トレードチャンスを待つというより
トレードチャンスを探しに行きます。

少しでも利益を増やそうと焦っているので、チャンスでもないのにチャンスに見えてしまいます。
いわゆるポジポジ病(とにかくポジションを持っていないと気がすまない病)になってしまい
無駄なトレードが多くなります。 そして損失を取り戻そうとロットサイズを上げますが、
チャンスでもなんでもないところで無理をしてエントリーするのでいっそう傷を深くしてしまいます。

このように
たまたま稼ぎにくい時期だった、あるいはちょっと調子が悪かっただけだったのが
ほんとうに深刻なスランプに陥ってしまうことがあります。

焦ってくるのは自分のトレードの結果に不満があるからです。不満が出るのは期待をしているからです。
しかし、トレードの結果は自分でコントロールできるものではありません。
自分でコントロールできるのはトレードの規則を守ることだけです。


ですので
自分でちょっと焦っているなと自覚できたら、「トレード結果」に向いてしまっている意識を
「トレード規則」に向け直します。ロットサイズを落として、チャンスが来るまで待つのです。
自分の規則を守る事のみに集中します。

エントリーと手仕舞い、ロットサイズの明確な規則はスランプから抜け出すのに重要な役割をします。
規則を何度でも意識できるよう、トレード中やトレード後に見直し、意識の中に内在化させます。
内在化は繰り返しによる習慣から生まれます。
トレード規則を内在化してしまえば、
フラフラと規則から逸脱してしまっても軌道修正が容易になるでしょう。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本