上昇率ランキングでデイトレ用の銘柄を探す

デイトレの銘柄を探すのにランキングから銘柄を探します。

上昇率ランキングには昨日の終値からの上昇率が高い銘柄の
トップ20~30ぐらいまでが表示されています。

トップ5ぐらいだと上昇率が20%を超えていることも多く
ストップ高目前の銘柄もあるでしょう。
さすがにストップ高目前では取れる値幅も限られているので
デイトレの対象にはならないかもしれません。

しかし強い銘柄というのはほんとうに強いものです。
いっきにストップ高まで行ってしまう銘柄は
そのまま次の日までの持ち越しを視野に入れてのトレードも可能です。

ストップ高に張り付いている銘柄は翌日にギャップアップ(前日の終値よりも
高く寄り付く)可能性が高いからです。


ストップ高から剥がれ落ちてくる銘柄は手仕舞いしたほうが無難です。
なので買ってストップ高まで上昇したら、しばらくストップ高の値で売り注文を
出しておきます。

引け際になっても約定せず、ストップ高で買い注文が殺到しているなら
売り注文を引っ込めて翌日に持ち越します。

もちろんトレードに100%はないのでギャップダウン(前日の終値よりも
低く寄り付く)することもありますが、高い確率でギャップアップします。

損切り失敗の悪影響

デイトレで損切りはできないではすまされない、絶対必要な技術です。

損切りに失敗してしまって今までこつこつ増やし続けてきた利益が
たった一度の損切りでなくなってしまう・・・・・・


よくありますよね。

いままで必死になって利益を重ねてきたのに一瞬にして水の泡・・・。
苦労してきたことがすべて否定されたような感じになり
怒りとむなしさでいっぱいになって
その精神的苦痛は耐え難いものになります。

このストレスは、
内にこもってしまって精神が不安定になったり、
外に向かって破壊行為として発散されたりします。

こんなことを繰り返していてはとてもデイトレを続けていくことはできません。

精神が壊れてしまう
身の回りの物が壊れてしまう
家族や大事な人との人間関係が壊れてしまう


こんなことにならないためには「一発で膨大な損失を出す」
ということだけは避けなければなりません。

そのための対策をしっかり講じるか
できなければデイトレをきっぱり辞めてしまうほうがよいのかもしれません。

本人にとっても回りの人にとっても辞めてしまったほうが幸せかもしれません。

日経平均先物や指数に影響されない株

輸出関連株や機械株をデイトレードしていると、日経平均先物
ドル円、ユーロ円などの為替の動向をチェックしないわけには行きません。
日経平均先物がいきなりドーンと下がったりすると焦りますよね。

買った銘柄がすべて輸出関連株だったら、手仕舞いもどたばたしてしまい
損失を大きくしてしまうかもしれません。

逆指値で自動的に手仕舞いするように設定してあれば、いっきに手仕舞い
されますが、手動で手仕舞いする場合は手遅れになってしまいます。

また
お昼にご飯を食べて戻って来たら、先物が急激に下げていて、後場の寄り付きで
午前中の利益を吐き出して成り行きで手仕舞いとか、
ほんとうにがっかりしてしまいます。

そんなときのために、あまり先物や為替、指数に影響されない、
医薬品株や、小売などの内需株もトレードに加えて置くと安心できます。


新興市場銘柄も我が道を行く銘柄が多いですが、
激しい値動きはちょっとという場合は
東証1部の医薬品株、内需株を使ってみて下さい。

先物や指数を気にする必要がないので、気楽にトレードできますよ。

2 / 212
 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本