新興市場銘柄のトレードのハイリスクを低リスクにする2

リスクをできるだけ抑えるには日足チャートの確認がとても大事です。
といっても新興市場に限ったことではありませんし、
日足チャートを確認するというのはリスクを抑えるというより、リターンをもっとハイリターンにするため
といえますね。

日足チャートをしっかり確認する。
新興市場銘柄の怖いところはいきなり暴落するところです。
何日も上げ続けた銘柄は、そろそろ利益確定したくなったトレーダーが我も我もと売り出します。
手仕舞いのための逆指値注文が次々とヒットすると目も当てられません。
特別売り気配になってしまうこともあります。

スイングトレーダーが手仕舞いを考えるだろうチャートポイント、つまりレンジの上限のちょっと下
(買いトレードの場合)、MA25やMA21などの移動平均線が価格の下にあり
価格と移動平均線との乖離が大きいポイント
そういうところでの買いトレードは絶対やめましょう。
新興市場銘柄は乖離が大きくても上がる銘柄は上がって行きますが
反射神経や判断の早さに自信がある方のみどうぞ。ハイリスクハイリターンです。

またレンジの中途半端な場所でのトレードも辞めましょう。
特にある銘柄に何日も粘着していると日足チャートをすっかり無視して執着してしまう場合があるので
気を付けます。
昨日も上がってうまく利益が取れた、今日も取れた、明日も・・・・・・
取れるかも知れませんが一番安全なのは昨日です。昨日上がって取れたなら今日は寄り付き直後のみの
短期トレードにしておく(1日引っ張るのではなく前場の、それも前場の早い段階で手仕舞いする)
という作戦が無難です。

まさに今日ブレイクしようとしている銘柄をトレードする。(これ一番大事)
当たり前過ぎの当たり前ですが、今日レンジを上抜けそう、今日三角保ち合いが上放れしそう、
MA25の下でローソク足が小さくなっていたのが、今日MA25を上抜けそう、
そして寄り付きの気配値がいい感じのところで寄り付きそう、つまりレンジをちょっと上抜けた位置、
三角保ち合いのちょっと上放れした位置、MA25のちょっと上に寄り付きそう
こんな状況なら安全度がグンと上がります。
デイトレーダーはもちろんのこと、スイングトレーダーも買おうと思う位置ですので、かなりの買いが
期待できます。
こんなところで売ろうというトレーダーはまずいないでしょう。
絶好の買い日和です。

上昇してその銘柄が上昇率ランキングに登場してくると
ランキングをチェックしているデイトレーダーが日足チャートの状態がよいのに気が付けばどんどん買いを入れて
くるでしょう。

要するに準備万端にしておくということです。日足チャートでプレイクしそうな銘柄をチェックし、
当日の寄り付き前の板の状況でトレードするかを判断する。ちょっとだけ高い位置で寄り付きそうなら買う。
このパターンだけに絞れば効率よく稼ぐ可能性が高いので、損切りの逆指値だけ入れて後場の引け近くまで
寝ていてもかまいません。
デイトレーダーがちょっとだけスイングトレーダーに変身してもよい日かもしれませんね。

と、話がずれてしまったところでまた次に続きます。

チャートポイントでのだまし

Aというチャートポイントがあるとします。
価格が上がってもAのポイントでは反落します。過去のチャートを見ても同じようにAのポイントでは
反落しており、しばらくの間レンジ相場が続いていました。

ある日、Aのポイントが上抜けました。
上抜けたと同時に
順張りトレーダーの新規買いとレンジ逆張りトレーダーの損切りのための返済買いで上昇しましたが、
買いが続かず、Aのポイントまで価格が戻ってしまいました。
そしてなんとAのポイントを下抜けてしまいました。 
レンジブレイクの「だまし」です。 さて、どうなるでしょう。



レンジ相場から脱して上がると見て買いポジションを作った順張りトレーダーは慌てて損切りをします。
そして、レンジの中に戻ってきた価格を見たレンジの逆張りトレーダーは、「なんだ、やっぱり
レンジのままじゃないか。」ということで新規売りをします。

レンジ相場で逆張りトレードをするトレーダーの売りに、
レンジブレイク狙いの順張りトレーダーの損切りの売りが加わりますので、
以前のレンジよりもいったん「だまし」が入ったレンジのほうが、
Aのポイントの下では売りが加速することなになります。


チャートポイントの認識とだましを発見することで、もっと勝つ確率の高いトレードができそうですね。

チャートを眺めていると「だまし」の「だまし」らしきものが見られます。さてどうしましょう。
ここで買った人はどうする?ここで売った人はどうする?
そのように考えていくとなんだかトレードがゲームのように感じられて
楽しくなってきませんか?

チャートポイントでのブレイク

価格が上がって行ってはね返されて反落するポイントがあるとします。
過去のチャートを見ても同じようにそのポイントで何回もはね返されています。
たくさんの人がそのポイントをチャートポイントとして見ており、そのポイントの下では
売る人がたくさんいるので反落します。


そのポイントを仮にAとします。
Aのポイントで売る人というのは、もともと買いポジションを持っていてAのポイントまで上がると
売りが出やすいところなのでいったんは利益を確定するために売ります。
ポジションを持っていない人は、価格がAに近づくと反落するポイントだと認識しているので、
新規の売りポジションを持ちます。

レンジ相場での逆張りトレードです。
レンジの下で買って上で売り、上で売って下で買い戻すということを繰り返して利益を得ます。
レンジが続く限り逆張りが有効に働きます。

Aポイントはそのレンジの上の抵抗線です。
ある日突然Aのポイントを価格が上抜けていきました。さて、どうなるでしょう。

レンジのブレイクを狙った順張りトレーダーがチャンスが来たぞと買いエントリーをします。
それに加えて、Aのポイントの下で売っていたレンジの逆張りトレーダーが損切りを実施します。
レンジの逆張りトレーダーはレンジ相場を前提としていますので(Aのポイントでは反落することが前提)、
レンジが崩れたら想定外ということで、
レンジの抵抗線であるAのポイントを上抜けたら損切りです。

つまり
Aのポイントを上抜けると順張りトレーダーの新規買いと逆張りトレーダーの返済買いが起こるので
たくさんの買いが集まって価格が急上昇することもあるのです。

このような魅力的なチャートポイントでは逆指値注文を使って上昇に乗りたいですね。

1 / 41234
 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本