チャートポイントでは何が起きる?

どの価格でも上に行くか下に行くかしかないのですが、チャートポイントでは
特にたくさんの人が上に行くか下に行くかを見ていて、たくさんの人が上だと判断すれば
たくさんの買い手がいるということなので価格が上がっていきます。

ですので中途半端な場所でトレードするより、チャートポイントでの価格の動きを見て
方向を判断してからトレードする方がトレードを優位に進めることができます。


第一にチャートポイントを認識していること。
第二にチャートポイントで上か下かを判断してトレードのエントリーを実行すること。

トレードのエントリーのために必要なことはこのふたつです。

買いのエントリーをしようと思って買ったらいきなり価格が勢いよく上がった、
または、買おうと思って発注ボタンを押そうと思ったら、
先にたくさんの買い注文が出て取り残されてしまい、買うことができなかった、
このような経験をするような価格のポイントが重要なチャートポイントであり、
多くの人が意識して見ていたポイントだということです。
買おうとしていつも遅れてしまって買えないという人はしっかりチャートポイントを把握してるのであり、
後はすばやい判断力をつけたらO.K.ということですね。

反対に、買ってはみたものの価格は上がらずそのまま、ということは誰も見ていないということで、
買い手がいない、つまり上がらないということですので、すぐに手仕舞いした方がいいです。
上がらない=チャートポイントではなかった、またはその銘柄をトレードしている人がいない、と言えます。
上がるかどうかわからないものはすぐに手仕舞いして他の確率が高いトレードへ移りましょう。
くれぐれも上がるかも知れないなんて期待しないようにします。

これだ!というトレード手法を確立していない場合

絶対(トレードに絶対はありませんが)このパターンなら勝てるという自分なりの手法を
まだ持っていない、
あるいは
こうしてみたけどどうもこの方法はよくないからこっちの方法で・・・・
昨日はこのパターンでダメだったから、今日はこのパターンで・・・・

と、
なかなかトレードのやり方が定まらないということはないですか?

トレード手法はたくさんあり、どれでも使えるようになるとトレードをするチャンスが増え
たくさん稼げるようになると思いがちです。

でも頭が混乱してしまうことはないですか?

ブレイクでエントリーして下がってしまい、プレイクがだましになってしまったのに
押し目買いとばかりにナンピンしてしまって巨大な含み損を抱えることになってしまったり・・・。

もし資産曲線が右肩下がりなら、まずひとつの手法を繰り返して自分のものにして下さい。

最初に習得する手法として、抵抗線ブレイク、トレンドラインブレイク、三角保ち合いブレイクなどの

「順張り」をおすすめします。

なぜかといいますと、エントリーの場所が明確にわかるからということと、エントリーした方向に
スピードを伴って動きやすいからです。



このようなチャートを探し出し、寄り付きから赤ラインを超えているなら「買い」という
シンプルなトレードのみをしてみて下さい。 もちろん下がったら損切りします。
1回や2回のトレードではなく何回も繰り返してやってみて、それで収支がプラスになるか
試して下さい。

つもりトレード(実際に現金を投下せず、板を見ながらその板を買ったとしたらという仮想トレード)
で利益確定、損切りまでやってみてください。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本