憤りと欲求不満に対処する

期待した結果が得られないと欲求不満がたまり、大声をだしたり、机を叩いたりするかもしれません。
ストレスを発散するために大声をだしたり、破壊的な行動をとったりすることは
実は怒りを増幅してしまうことがあります。

腹が立って何かを叩くと、その叩くという行為自体がよりいっそうの怒りを感じかねません。

少しでもイライラや不満を感じたら、トレード画面から離れてしまうのが最良の手段です。
画面から離れている間にトレードチャンスを逃してしまったら、と考えるかもしれませんが、
トレードチャンスを活かせるのは冷静な判断力があってこそです。
怒ったまま下した決断は最悪の結果をもたらす事が多々あります。
怒った心にはチャンスはピンチでしかありません。
余計なトレードをして損失を増やす必要はありません。その損失でますます怒りが爆発してしまいます。
画面から離れましょう。


イライラを感じたらトレード画面から離れ、ゆっくりと深呼吸をして、音楽や風景など、
自分がリラックスできるものに意識をゆだね、心を落ち着かせます。数分でも30分でも
時間をかけて、トレードできる心になってからトレードを再開します。

トレード中にリラックスして集中できるような音楽を流しておくのもいいですね。

ある失敗トレードに対して欲求不満を感じたら、そのトレードの様子とその時の自分の感情を
詳しくノートに書くという作業をすると、同じ失敗をする可能性が低くなります。
30分以上かけて言葉にしてみましょう。言葉で表現することで脳裏に焼きつけ、2度とするまいという
気持ちを強くします。
転んでもただでは起きませんよ。失敗から吸収できるものはしっかり吸収して、次のトレードに活かします。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本