株のトレードでとにかく勝つために

日本株のトレードで勝ち続けるためには
1・確率の高いトレードのやり方をしっかり理解すること。
2・条件が揃ったらしっかり実行すること。
3・条件が揃うまでしっかり待つこと。

FXのデイトレードは主婦に向かない

FXの場合、ヨーロッパ勢が参入してくる15時、16時以降から
またはアメリカ勢が参入してくる21時、22時以降が、取引が活発になりレートが
よく動くので、デイトレードには適していると言われます。

日本時間には市場参加者が少なく、ほとんどレートが動かない日も多くあります。
たまにオーストラリアの指標の発表時にオーストラリア/ドルやオーストラリア/円が動き出し、
それにつられてユーロ/円、ポンド/円などのクロス円やユーロ/ドル、ポンド/ドルなどの
ドルストレートが動いたりしますが、
やはり日本時間にFXでデイトレードをするということは効率が悪いと言えるでしょう。

FXでデイトレードをするには夕方以降が効率がいいということですが、
この時間帯

主婦にとっては非常に都合が悪いのです。

夕方から主婦は忙しくなってしまいます。(日中が暇と言う訳ではないですよ。念のため^^;)
お洗濯やお掃除は、わりと時間の調整ができるかもしれませんが、
夕方以降の、子供さんや旦那さんのお迎えや、塾の送迎、スーパーの安売り時間を狙っての買い物など、
とてもパソコンの前にじっとしているという訳にはいきません。

そして夜のアメリカ勢が動き出す20時、21時は夕食や団欒の時間かもしれません。
家族とのコミュニケーションの大切な時間にFXのトレードに没頭していては、そのうち家族の不満が
たまり、家庭内不和が生じてしまいます。
子供さんは今日あった出来事をお母さんに話すのを楽しみにしているかもしれません。
仕事から疲れて帰って来た旦那さんはリラックスして晩御飯を食べたいことでしょう。

そんな楽しい団欒であるはずの時に、お母さんがトレードに集中していては・・・・・
それも損失でも抱えてイライラしていたら・・・・・

家族の不満が大爆発するのは目に見えていますね。

かと言ってみんなが寝静まった頃にトレードをするなんて、いくつ身体があっても足りません。
それこそ健康を害してしまいます。

出来高急増ランキング

株価がそれ程動いている訳でもないのに、出来高だけ増えている銘柄があります。
このような銘柄も要チェックです。

吹き上がる前に誰かが仕込んでいるのかも知れませんね。
とにかくたくさんの取引がされていて、注目され始めたということです。

注目するトレーダーが増えてきたということは株価が急に動き出すかもしれません。

前日に出来高が増えている、またはここ数日にわたって出来高が増えている銘柄は
監視銘柄に入れておいて、朝の寄り付きの売り板、買い板をチェックしましょう。

いきなり高く寄り付きそうな気配値であれば、「今日のチャンス銘柄」となる確率が
高くなります。


普段の出来高や値動きを観察していて「ん?なんかちょっと違うな」と異変に気づいて
初動に乗れるといいですね。

ランキングは、銘柄を探してすぐにトレードするというより、
探した銘柄を監視して次のチャンスを狙う、という使い方の方が安全です。

「噂で買って事実で売る」という言葉がありますが、
ニュースが出る前にすでに上がっていてニュースが出ると同時に下げる、
なんていうことは多くあります。

ニュースなどの材料より株価の方が先行して動くんですね。
また株価が動く前には出来高が増えていることも多いのです。

出来高急増ランキングでチャンスが近い銘柄を探し出しましょう。

株価急騰ランキング

もしお使いのトレードツールで
株価急騰ランキングを使えるのでしたら、たまに見てみると面白いと思います。

株価急騰ランキングは、1分間で急騰している銘柄を探したり、、
1時間前から現在までで急騰している銘柄を探したりなど、
指定した時間の間で急騰率が高い銘柄を探すことができます。

指定時間を1分間にして探すと、なんでもかんでもヒットしてしまい、
あまり効率がよくないのですが、
3~5分ぐらいで急騰していて、かつ昨日の終値より高い銘柄には
探し出したその瞬間がチャンスになっているということがあります。

急騰といっても勢いよく吹き上げている銘柄ばかりではなく、
じわじわ上げている銘柄も含まれます。

そのようなじわじわじわ上げている銘柄で日足チャートのよいものに飛び乗ると、
じわじわからの吹き上げに乗ることができるかもしれません。

けれども
そんなに頻繁に探せるという訳ではないので、トレードの対象をとなる銘柄が
ない時などに暇つぶしにやるという感じです。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本