株のトレードで資金が減り続けるのはなぜ?

トレードをするためにたくさんの本を読んだ。

順張りや逆張りなどのトレード手法も学んだ。

損切りが大事だとういこともしっかり頭に入れて、損切りしている。




なのに資金が減っていく。勝つ日もあれば負ける日もありますが、長期的には

右肩下がりの資産曲線になっている。

そういう状況であるなら、今すぐ実際のお金でのトレードを止めて、なぜ勝ててないのかの

原因を追究するのが第一にやるべき事です。





そうしなければ、どんどん資金が減ってしまい、トレードを続けることができなくなってしまいます。

資産が潤沢にあって、資金0になったらまた投入すればいいや、という人ならいいですが、

多くの人はなんとか資金を増やしたいと思っているはずです。




しかし

どんどん資金が減っていっているのにも関わらず、そのままトレードを続けているということは

資産曲線が0になるまで右肩下がりのままということです。

やり続けていればいつかは勝てるようになる、次のトレードからはちゃんと勝てる、

多くの人がそのように考えて、トレードをやり続け、資金を減らしてしまっています。




資金が0になってトレードをやめざるをえなくなるか、

たとえやっと勝てるようになっても、その時にはかなりのお金を失っていることでしょう。

しっかり勝てるようになるまで、余計な損失を防ぐためにデモトレードをするのが最良の選択ではないでしょうか。




なぜ勝てないのでしょう?




トレードの手法が悪いのですか? 順張りがダメなのですか? 逆張りがダメなのですか?




いいえ。

どの手法も勝つためのとても有効なものです。

どの手法も「適切な状況」で使えば利益が出ます。もちろんトレードには100%確実ということは

ないので、損切りになることもあります。ダマシもあります。




その手法を使うのに「適切な状況」になったときにその手法を使ってトレードをするというのが

勝つ確率の高いトレードをするということです。




適切な状況」を見つけてトレードをする「という、一種の自分なりのパターンを作ることが

トレードではとても大事なことになります。




このパターンなら自信がある、このパターンなら勝つ確率が高い、

という「自分のパターン」をとにかくひとつ習得すること、このことがまず真っ先にやるべき重要なことなのです。




やり方を知っていることと、そのやり方を正しく実行できるということは全く別のことです。

やり方を知っていると、出来ると勘違いしてしまいます。

やり方を知っているのですから、後はどうやったら正しく実行できるのかを考えるのです。




まずひとつ

自分の得意パターンを作り出しましょう。

2 / 212
 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本