株のデイトレでやってはいけないこと

株のデイトレでやってはいけないことは【様子見】です。

よくわからないところは様子見するのがベストです。
買うべきところ、売るべきところ、損切りするべきところで様子見することが
やってはいけないことです。

損切りすべきところで様子見するのは最悪です。

損切りで様子見するかしないかでも
勝ち続けるデイトレーダーと勝ち続けることができないデイトレーダーが分かれます。

ポジションを持つために買うべきところで様子見して
その後さらに様子見するのはまだマシです。
ポジションを持たなければ損をすることも得をすることもありません。

売りポジションを作るところで様子見をして
その後さらに様子見をして行動を起こさなければ損も得もしません。

問題なのは
ポジションを持つために買うべきところで様子見して
遅れて行動に出ることです。

例えばブレイクアウトでの買いで、
買うべきところで躊躇したら価格がすでに上がってしまいます。
ああ、やっぱりブレイクかと、ある程度上がるのを確認してから買うのでは
遅すぎるのです。

この行動の違いが勝ち続けるデイトレーダーと勝ち続けることができないデイトレーダーの
違いと言っても過言ではありません。

様子見してから行動しても利益を確定できる場合もあります。
しかし継続して稼ぎ続けることができるでしょうか。

株価が上がってから買えば、押し目で損切りになってしまう場合が多くなります。
損切りトレードが増えてしまうので勝ち続けるのは難しくなります。

勝ち続けるトレーダーは行動すべき時に様子見をしないトレーダーです。

様子見するトレーダーはたまには勝てますが勝ち続けることはできません。

デイトレードで勝てない3つの理由

私がデイトレで勝てなかった時期のことや今勝てていない人のことを観察してみて3つほど気がついたことを
書いてみたいと思います。

1: デイトレードのやり方そのものを知らない

2: デイトレードの手法が相場に合っていない

3: 自分をコントールできない

まだまだ細かくあると思いますが、とりあえずこの3つについて書きます。

1:【デイトレードのやり方そのものを知らない】についてですが
自分のやろうとしていることが根拠があってちゃんと説明できるか優位性のあることをやっているかどうか。

デタラメにデイトレードをすれば必ず負けます。自分で相場を観察してやり方を編み出す極小数の人は除いて
多くの人はトレードに関する本を何冊か読み、ブレイク、レンジの逆張り、トレンドの押し目買い、
トレンドの戻り売り、オーバーシュートの修正などを勉強したと思います。
これらのトレンド方法を本で読んで勉強してもいざトレードをするとなんでこんなところでエントリーするの?
といういうようなトレードをしたりします。
何回も本を読んで理解したつもりになっていても実際にやることが「えっ!?」という感じです。

自分では気がついていないかもしれません。自分では本の通りにやっているつもりです。
もしかしたら他の人に指摘してもらわないと気づかないかもしれません。

ちゃんとやっているのに勝てないということはありません。勝てないということはやっていることが違うのです。

とにかく最初はたったひとつの手法をマスターすることに専念した方がいいです。
レジスタンスライン、サポートラインチャートなどのポイントについては
しっかりと自分のものにしておく必要があります。
以外とチャートポイントをしっかりと認識していないのでは?
1分足や5分足ばかりを見ていて日足などを見ていないのでは?

デイトレードを始めたばかりの人がまずやることは
チャートポイントの確認とひとつのトレード手法に専念することです。

いろんな手法を使ってトレードできるようになるのはずっとずっと後なんです。

2:【デイトレードの手法が相場に合っていない】について

エントリーの根拠とエグジットの根拠、ロスカットの設定の仕方の説明を聞くとフムフムと思いますが
それって今の相場状況に合っていないよという場合があります。

1とかぶりますが
相場の状況は1分足や5分足だけでなく1時間足、日足など上位時間軸のチャートを見ていないとわかりません。
上げトレンドなのか下げトレンドなのかレンジなのかもみ合いが収縮してきているのかを理解しておくことが
とてもとても大切です。

押し目買いをしたつもりがレンジのサポートラインを下抜けていたとか、
押し目買いをしたつもりが日足のレジスタンスライン付近で反落し始めるポイントで
実は売り場だったとか、
押し目を丁寧に拾ったつもりが下げトレンドでトレードしていたとか、
ブレイクと思い飛びついたがすでにオーバーシュート気味で高値買いだったとか、
利益を伸ばそうを損切りを大きめに設定したが
レンジ相場ですぐ下にサポートラインがあり下抜けて勢い良く下げわざわざ大きな損切りをしたとか、

やったトレードの根拠や説明を聞くとなるほど本に書いてある通りでも全然相場にマッチしていなければ
利益は出にくくなります。

大切なのはそのトレード手法にあった相場でトレードをすることです。
これはトレードが終わった後にチャートをじっくり観察し、1分足、5分足から日足、週足などの
上位時間軸チャートを観察するとわかります。

適正な相場状況で適正なトレード手法を使っていますか?

3:【自分をコントールできない】について

トレード手法も相場状況も理解できる。やるべきことはわかっている。だけどつい損切りを伸ばしてしまう、
ちょっと動いただけで怖くて手仕舞いしてしまう、
目標地点の前でついつい利確をしてしまう、エントリーの様子見をしていてトレードチャンスを逃してしまう、
など、自分の欲や恐怖心がトレードをコントールしてしまって自分で自分をコントールできず
ついつい大きな損を出してしまったり、取るべきところで利益をとれなかったりでなかなか収支が上向きにならない
という悩みが一番多いかもしれません。

これだけは「とにかくやる!」しかありません。

ダイエットを決意したけどいつも挫折してしまう、禁煙を決意したけど何回も禁煙をしている、
決めたことができない、
そんな方はデイトレードは無理かもしれません。

デイトレードは規則通りのトレードを淡々と繰り返すだけの作業です。
規則が守れないというのはデイトレードができないということと同じことです。

いつも自分の欲望に負けるならデイトレードでは大損をします。
いつもでなくても普段はコントールできるのに魔が差してたまたまコントールできなかったという時もあります。
一番大きな損失を出すパターンです。たまたまコントールできないという状況はよほどの事が起きたのでしょう。
「自分の欲や恐怖心に影響されず淡々とやるべきことをやる」
ここのところを何が何でもやり遂げる人でないとデイトレードで勝つことはできません。

3については勝てるようになってもずっと悩み続ける問題かもしれません。
人によるのかもしれませんがやるべき事ができるようになってその後も淡々とやるべき事を続けられる人と
ずっと自分をコントールし続けるのにエネルギーを使わなければならない人がいるのではと思います。
性格によるのでしょうか。
欲望の強い人、恐怖心の強い人はいますね。
それはそれでまた違うアプローチで対処しないといけないのかもしません。

最近なぜか勝てなくなってきた?

今まで日本株のデイトレードで勝てていたのに
最近なぜか勝てなくなってきた・・・・?

と、感じることがあるかもしれません。

いろいろ勝てない理由があると思いますが、
トレード経験が増えるにつれてスキルが上がり、
トレード手法が増えたということも原因のひとつになっている場合があります。

最初に勝てるようになった時のことを思い出してみてください。

それはどんなトレード手法でした?

そのたったひとつのやり方を必死でやっていたのではありませんか?

できることは少ないのですが、その数少ないできる事を
忠実に必死に繰り返していたと思います。

無駄トレードが少なかったのではないでしょうか。

デイトレードで毎日利益を積み重ねるには
利益の出るトレードをしなければなりませんが、
それと同時に
無駄なトレード(条件が揃っていないのに無理をしたトレード)
を極力しないようにしなければなりません。

トレード手法が少ないうちはいいのですが
いろんなトレードができるようになると
チャートのアチコチがチャンスポイントに見えてしまい、
トレードの手数ばかりが増えて利益がさっぱり伸びない、
そんな状況になることもあります。

特に焦っている時などは無駄トレードを連発してしまいがちです。
(後で冷静になるとなんでこんなところがチャンスに見えたのかと
思いますがね。)

まずはメンタルを安定させて
状況が整っているかしっかりチェックしましょう。

勝ちだした頃、どんなトレードをしていたか思い出し、
一歩下がってじっくりチャートを眺めてみましょう。

今はほんとうにチャンスですか?
流れに逆らっていないですか?
条件が整っていますか?
それは確率が高いことですか?

デイトレードはチャンスには瞬時に乗らないと乗り遅れてしまいますが、
瞬時の判断が狂っていると感じたら
初心を思い出してみるのもいいかもしれません^^

1 / 212
 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本