上昇相場で勝てない人はこれだけをやろう

個人トレーダーが続々と戻ってきて、とてもデイトレードがしやすい相場になってきました。
これほど勝ちやすい相場は久々のことではないのでしょうか。
こんな相場で勝てないという人はかなり勉強をしないといけないかもしれません。

上げているんです。
デイトレードなら、買い!買い!買い!買い!です。

もちろんデイトレの上級者なら行き過ぎの修整を狙う、売りもありですが、
とても難しいのです。
経験豊かなトレーダーが確率の高い状況判断ができてこそです。

まだ勝つことができない、あるいは勝てても、勝ち続けることができない、
とんとんで収支がよくならないなら、
トレンドと同じ方向にトレードするのが鉄則です。

今のような右肩上がりの相場なら、
やるべきことは押し目買い、保ち合い上抜け買いのたったふたつのことで
がんがん利益を上げることが可能です。

何度も言いますが押し目買いポイントはいくつもありますが、
保ち合いのブレイクポイントは誰が見ても一つしかなく
とてもわかりやすいものです。

一番簡単な手法といってもいいかもしれません。

もし、あなたがぜんぜん稼げていないのなら
今、このチャンス相場で、馬鹿になってたった一つの手法を繰り返して下さい。

保ち合い上抜けの【買い】のみです。

一番簡単な手法です。

日足チャートで右肩上がりのチャートの銘柄を狙い、
(この時期、右肩上がりでないチャートをみつける方が難しいですが^^;)
寄り付き後に揉み合い、5分足チャートが三角保ち合いのチャートを形成するまで
じっくりと待ちます。

あるいは、寄り付きから上がり、揉み合いになり、三角保ち合いチャートが形成されるまで
待ちます。

最初のブレイクポイントを逃してしまっても、2回目もまだ間に合うパターンは
今は非常に多いのです。
なんせトレンドが明らかに上向きですから。

5分足チャートが三角になったチャートの銘柄を気配値とともにじっと観察し、
ブレイクしそうになったらできるだけ早く買うのです。

ブレイクの判断も難しいのですが、今、ほんとうにブレイクする確率が高いので、
どんどんやって経験値を積んでみてください。
特に一度下にブレイクしたような感じになって、下髭で終わったチャートは
もっとチャンスです。
上がる確率がもっと上がります。

ブレイクするとすさまじい勢いで上がってしまうので、頑張って食らいついて下さい。

これだけをやり続けてみてください。
他のことは一切しない、
右肩上がりの日足チャートで5分足の三角保ち合いのチャートパターンをみつける。
みつからなかったら、みつけるまで絶対余計なトレードをしない。

デイトレーダーのやる事の多くは【待つこと】です。
チャンスが来るまでじっと待つ。
チャンスが来たら実行できるように、しっかりと準備をしておく。

ブレイクで買い。

買うタイミングは経験を重ねるともっとはっきり分かってきます。
相性のよい銘柄もできてくることでしょう。

新興市場銘柄がとても活況です。

これだ!というトレード手法を確立していない場合

絶対(トレードに絶対はありませんが)このパターンなら勝てるという自分なりの手法を
まだ持っていない、
あるいは
こうしてみたけどどうもこの方法はよくないからこっちの方法で・・・・
昨日はこのパターンでダメだったから、今日はこのパターンで・・・・

と、
なかなかトレードのやり方が定まらないということはないですか?

トレード手法はたくさんあり、どれでも使えるようになるとトレードをするチャンスが増え
たくさん稼げるようになると思いがちです。

でも頭が混乱してしまうことはないですか?

ブレイクでエントリーして下がってしまい、プレイクがだましになってしまったのに
押し目買いとばかりにナンピンしてしまって巨大な含み損を抱えることになってしまったり・・・。

もし資産曲線が右肩下がりなら、まずひとつの手法を繰り返して自分のものにして下さい。

最初に習得する手法として、抵抗線ブレイク、トレンドラインブレイク、三角保ち合いブレイクなどの

「順張り」をおすすめします。

なぜかといいますと、エントリーの場所が明確にわかるからということと、エントリーした方向に
スピードを伴って動きやすいからです。



このようなチャートを探し出し、寄り付きから赤ラインを超えているなら「買い」という
シンプルなトレードのみをしてみて下さい。 もちろん下がったら損切りします。
1回や2回のトレードではなく何回も繰り返してやってみて、それで収支がプラスになるか
試して下さい。

つもりトレード(実際に現金を投下せず、板を見ながらその板を買ったとしたらという仮想トレード)
で利益確定、損切りまでやってみてください。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本