トレード時の焦り

ずっとトレードの調子がよかった後に勝てない日が続く。
勝ったり負けたりで利益が増えない。
一週間のトータルがマイナスになった。
あるいは一ヶ月の収益がマイナスだった。

損失を出したり、利益目標に達しなかったりして、その結果に不満を感じていると
気持ちが不安定になり、焦ってきます。

特に収益がいったりきたりで増えない時に、トレードチャンスを逃していると
自分を責めてしまい、落ち込み、なんとかチャンスを掴まなければいけないと焦ります。

焦る気持ちのままトレードをすると、トレードチャンスを待つというより
トレードチャンスを探しに行きます。

少しでも利益を増やそうと焦っているので、チャンスでもないのにチャンスに見えてしまいます。
いわゆるポジポジ病(とにかくポジションを持っていないと気がすまない病)になってしまい
無駄なトレードが多くなります。 そして損失を取り戻そうとロットサイズを上げますが、
チャンスでもなんでもないところで無理をしてエントリーするのでいっそう傷を深くしてしまいます。

このように
たまたま稼ぎにくい時期だった、あるいはちょっと調子が悪かっただけだったのが
ほんとうに深刻なスランプに陥ってしまうことがあります。

焦ってくるのは自分のトレードの結果に不満があるからです。不満が出るのは期待をしているからです。
しかし、トレードの結果は自分でコントロールできるものではありません。
自分でコントロールできるのはトレードの規則を守ることだけです。


ですので
自分でちょっと焦っているなと自覚できたら、「トレード結果」に向いてしまっている意識を
「トレード規則」に向け直します。ロットサイズを落として、チャンスが来るまで待つのです。
自分の規則を守る事のみに集中します。

エントリーと手仕舞い、ロットサイズの明確な規則はスランプから抜け出すのに重要な役割をします。
規則を何度でも意識できるよう、トレード中やトレード後に見直し、意識の中に内在化させます。
内在化は繰り返しによる習慣から生まれます。
トレード規則を内在化してしまえば、
フラフラと規則から逸脱してしまっても軌道修正が容易になるでしょう。

よいストレスと悪いストレス

車で道路を走っているとしとします。
3つの状況を考えてみます。

1・ すいている高速道路を走っている状況です。
歩行者に気を配る必要はなく、信号も対向車もなく
刺激がなく眠くなってしまうかもしれません。音楽を聴きならがボーっとしてしまいます。
ほとんどストレスは感じられないですよね。

2・ 雪道を走っています。
あなたは雪道を車で走ることは慣れています。スタッドレスタイヤを装着していますし、
道路の状態を注意深く見ながら、スピードを落とし、しっかりハンドルを握り、集中して雪道を走行します。
何もない高速道路をポーッとしながら走るのとは違い、アドレナリンが出て、臨戦態勢です。

3・ 同じように雪道を走っています。
しかしあなたは雪道走行に慣れていませんし、タイヤもノーマルタイヤです。
雪道道路での玉突き事故やスリップ事故が頭に浮かんできます。自分がそんな事故を起こしてしまうかもしれません。
ちゃんと走れるかどうかもわかりません。不安でいっぱいです。

1はストレスがほとんどない状態、
2はよいストレス、つまり自分の潜在能力が発揮されやすい状態、
3は悪いストレスです。雪道走行を自分でコントロールできる自信もなく不快なストレスを感じます。

2と3は同じ雪道走行ですが、
2では、しっかり準備されていて経験と自信があり対処する能力があると自分で感じています。
とっさの出来事にも集中して対処できるでしょう。
3では、準備もしていないし、経験もなく乗り越えられる自信がありません。
何かあったらどうしようと不安ですし、何かあったらアウトです。

さて
トレード中はストレスフリーという訳にはいきません。どんどん入ってくる情報に対処しなければなりません。
集中していなければ情報の取捨選択、決断、実行はできません。
あなたは2の状態でトレードしていますか?
それとも3の状態ですか?

トレード中の2の状態とは、適正なロットのサイズでトレードしていて、利益確定や損切りのプランを
しっかりと持っていて、そしてエントリー、利益確定、損切りのサインが出たら迷わず実行できることを
確信しています。すべて自分でコントロールできることを知っています。

そしてトレード中の3の状態とは、自分の許容リスクがわからずロットが大き過ぎ、利益確定や損切りのポイントを
決めていないので、いつもどうしようか迷ったり躊躇したりしています。起こったことに対していつも
ああすればよかった、こうすればよかったと後悔していて、欲求不満になり悲観的になったり、罪悪感を感じたり
抑うつ状態になったりします。

困難な状況がストレスをもたらすのではありません。
自分にその困難な状況を乗り越える力がないと知ること、
また、自分でコントロールすることができないという認識が悪いストレスになるのです。

しっかりと準備をし、自信を持っていることがトレードではとても大切です。
いつも2の状況でトレードに臨みたいですね。

ちなみに利益の金額はコントロールできません。

憤りと欲求不満に対処する

期待した結果が得られないと欲求不満がたまり、大声をだしたり、机を叩いたりするかもしれません。
ストレスを発散するために大声をだしたり、破壊的な行動をとったりすることは
実は怒りを増幅してしまうことがあります。

腹が立って何かを叩くと、その叩くという行為自体がよりいっそうの怒りを感じかねません。

少しでもイライラや不満を感じたら、トレード画面から離れてしまうのが最良の手段です。
画面から離れている間にトレードチャンスを逃してしまったら、と考えるかもしれませんが、
トレードチャンスを活かせるのは冷静な判断力があってこそです。
怒ったまま下した決断は最悪の結果をもたらす事が多々あります。
怒った心にはチャンスはピンチでしかありません。
余計なトレードをして損失を増やす必要はありません。その損失でますます怒りが爆発してしまいます。
画面から離れましょう。


イライラを感じたらトレード画面から離れ、ゆっくりと深呼吸をして、音楽や風景など、
自分がリラックスできるものに意識をゆだね、心を落ち着かせます。数分でも30分でも
時間をかけて、トレードできる心になってからトレードを再開します。

トレード中にリラックスして集中できるような音楽を流しておくのもいいですね。

ある失敗トレードに対して欲求不満を感じたら、そのトレードの様子とその時の自分の感情を
詳しくノートに書くという作業をすると、同じ失敗をする可能性が低くなります。
30分以上かけて言葉にしてみましょう。言葉で表現することで脳裏に焼きつけ、2度とするまいという
気持ちを強くします。
転んでもただでは起きませんよ。失敗から吸収できるものはしっかり吸収して、次のトレードに活かします。

 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本