株のデイトレードを朝の短時間で終わらせるためには?

株のデイトレードを午前中にさっさと終わらせてしまうためには
しっかりとした予習をすることが大切です。

(しっかりといいましても1時間ぐらいで十分なのですが・・・・)

どんな予習をすればいいのかといいますと
いろんな銘柄の日足チャート(できれば週足チャートも)をチェックして、
翌日に大きく動きそうな銘柄をピックアップしておくという作業を、
夕方の場が引けた3時10分以降、翌朝9時ちょっと前までに済ませてしまいます。

取引終了時間からその日の内にチャートをチェックすると、日中足(5分足など)から
その日の引け際の出来高の様子もわかるので
ちょっとした異変に気づくことができるかもしれません。

何千もある銘柄全部チェックするということではありません。
100~200銘柄ぐらい、新興市場や東証1部、業種などもいろいろ取り混ぜて
それぞれ日足・週足チャートをチェックしましょう。
(新興市場銘柄は怖いというのであれば、もちろん東証1部だけでもかまいません。)

200ぐらいの銘柄なら1時間程度で予習ができます。
その中から「んっ? これはもしかしてプレイクするかも」というチャートを形成している
銘柄をピックアップします。

岡三ネット証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券などのチャートは
日中足、日足、週足などを一度に表示させることができるので効率よく予習ができます。

もっと時間をかけてたくさんの銘柄をチェックすると、トレードチャンスの兆候が出ている、
より多くの銘柄を掘り出せるでしょう。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本