株のデイトレでやってはいけないこと

株のデイトレでやってはいけないことは【様子見】です。

よくわからないところは様子見するのがベストです。
買うべきところ、売るべきところ、損切りするべきところで様子見することが
やってはいけないことです。

損切りすべきところで様子見するのは最悪です。

損切りで様子見するかしないかでも
勝ち続けるデイトレーダーと勝ち続けることができないデイトレーダーが分かれます。

ポジションを持つために買うべきところで様子見して
その後さらに様子見するのはまだマシです。
ポジションを持たなければ損をすることも得をすることもありません。

売りポジションを作るところで様子見をして
その後さらに様子見をして行動を起こさなければ損も得もしません。

問題なのは
ポジションを持つために買うべきところで様子見して
遅れて行動に出ることです。

例えばブレイクアウトでの買いで、
買うべきところで躊躇したら価格がすでに上がってしまいます。
ああ、やっぱりブレイクかと、ある程度上がるのを確認してから買うのでは
遅すぎるのです。

この行動の違いが勝ち続けるデイトレーダーと勝ち続けることができないデイトレーダーの
違いと言っても過言ではありません。

様子見してから行動しても利益を確定できる場合もあります。
しかし継続して稼ぎ続けることができるでしょうか。

株価が上がってから買えば、押し目で損切りになってしまう場合が多くなります。
損切りトレードが増えてしまうので勝ち続けるのは難しくなります。

勝ち続けるトレーダーは行動すべき時に様子見をしないトレーダーです。

様子見するトレーダーはたまには勝てますが勝ち続けることはできません。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本