はじめの決断を変更してしまう

利益を出ているポジションをずっと持って利益を伸ばしていたのに、
少し押されて利益が減ってしまう不安に襲われ予定より早く手仕舞いしていまった。
ずっと方向感のない相場でトレードチャンスがなく欲求不満から、余計なトレードをしてしまった。
最初に躊躇してしまい、最初に買うべきポイントからもうかなり上がってしまっているのに
つい買ってしまった。
損切りポイントで様子を見てしまって損切りが遅れた。

このような経験は何度もします。
市場の動きに対して、不快なストレスをためていると
するべき決断を変更してしまう可能性が大きくなってしまいます。

冷静に成り行きを観察している時は的確にはじめの決断を実行しやすいですね。

市場の動きに対する感じ方は認識の仕方によって異なります。
状況の認識の仕方は人それぞれで、自分のフィルターを通して認識します。
どんなフィルターを通して市場の動きを見ているか、
それを知ると不快ストレスを溜めずにすむかもしれません。

例えば、
買いポジションを持っていて順調に利益がでているとします。損切りポイントを買値にズリ上げます。
すると価格が下がり利益がなくなってしまうと感じます。最近あまり稼ぐことができず、
今日は利益を出してトレードを終わりたいと考え薄利で手仕舞いしてまいました。
後からチャートをよく見てみると手仕舞いしたポイントは抵抗線の上であり、
絶好の押し目買いのポイントだったということがわかります。

これは「なんとしても利益を出したい」というフィルターを通して値動きを見ているために
いったんの押し目を脅威と捉えているためです。価格の下落が脅威なのではありません。
価格の下落をフィルターを通すことによって利益がなくなる脅威と認識してしまっているからなのです。

トレード日誌に市場の動きとそれに対してどのように感じているかを書き出すと効果的です。
ストレスを感じているときに、どうしてそんなに不安を感じているのかいつも自問して
そのフィルターの正体を知り、ゆがんだ見方で市場を見ないように気をつけることで
余計な不快ストレスを避けることができます。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本