トレード手法と使うタイミング2

有効なトレード手法でも使うタイミングが適切でなければ
さっぱり儲からないトレード手法になってしまいます。

例えばテニスのダブルスでのロブ(高く深く打ち返すこと)。
ロブをタイミングよく上げるととても有効なポイントになります。
相手の前衛に対して打つぞと見せかけてのロブは
有効なポイント源のひとつです。
相手の前衛は強打が来ると思って重心が少し前へ傾いているので
そのタイミングでロブを打たれると反応できなくなってしまい、
ポイントを取ることができます。

しかし
ロブしか打てない、ロブばっかり打っているとしたら
相手の前衛はロブしか来ないと思っているので
いつでも下がってスマッシュ体勢に入ることができ
楽々とスマッシュを打てるので
相手のポイントになり易くなってしまいます。

タイミングよく打つロブは有効なポイント源となりますが
それ以外はピンチを招く源となってしまいます。

トレードも似たようなところがあります。
あるトレード手法が適切な時に行われると面白いようい儲かりますが
適切でない時に行われるとなかなか儲からないし
それどころか資金を減らしてしまうこともあるでしょう

もみ合いが続いている相場での順張りはなかなか利益があがりません。
勢いよく上昇していく相場で押し目を待っていると
押し目もなく上げていきトレードチャンスを逃す羽目になります。
そしてやっと押し目が来たと判断して買いエントリーをすると
押し目ではなくすでに反転して下落の始まりだったり、なんてことも。

テニスの場合はロブを打つタイミングを戦略や心理的作戦で
自ら作り出すことができる、
つまりチャンスを自分でつくる事ができますが
トレードの場合はそうはいきません。
相場を自分で形成するとこは大口トレーダーでもなければ無理です。
タイミングを作り出すことができないのであれば
タイミングが来るまでじっと待っていなければなりません。
そしてタイミングが来たと判断した時に即実行できるように
準備を怠りなくしておくのが大事です。

もちろんトレンド相場で順張り、レンジ相場で逆張りと
相場状況に合わせて複数のトレード手法を使い分け、
臨機応変にトレードしていけることが理想ですが、
まず、これだけは出来るという鉄板パターンを持つことが先です。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本