チャートポイントってどこ? 移動平均線

チャートを表示する時、いろいろな指標(インディケーター)を一緒に表示させると思います。
移動平均線(MA)、ストキャスティクス、MACD、RSIなどなど・・・・。

インディケーターを表示させる時に大事なのは多くの人が使っているメジャーなインディケーターを
表示させることです。
間違ってもオリジナルインディケーターなんてのを使ってはダメです。
多くの人が使っているものを使い、同じポイントを意識しながらトレードします。

移動平均線(MA)はメジャーなインディケーターのひとつです。
日足や5分足のチャートには5MA、25MA、200MAの3本だけは表示します。



特に日足チャートの25MAはよく見ておく必要があります。
例えば
右肩上がりに上がっているチャートで、しばらく上がった価格が下げてきて
価格よりも下に位置する25MAに近づいて来ました。
25MAに接触する前に反転して上昇する時もあれば、ピッタリ25MAにタッチして反転したり、
25MAを下抜けたけどちょっと割っただけで反転上昇したり、または勢いよく25MAを下抜けたり、
ということを観察するのです。

価格が25MAに接近してきたら必ず反発するということではありません。
けれども反発する確率が高いポイントなので、とりあえず25MAで買いエントリーしておいて、
上がればよし、25MAを下抜けてしまったら損切り、というトレードもありだと思います。
反発する確率が50%より高ければ、資金は増えていきます(手数料うんぬんはあるものの)。

もっと確率が高いのは、25MAの付近の価格の動きをよく観察して反発したという判断ができた時に
買いエントリーすることです。買う値段は高くなってしまいますが、こちらのほうが確率が高いです。

トレードの手法はいろいろ勉強しなければいけませんが、
反発した、下げ止まった、下抜けた、と判断するのには経験がいるのです。
有効なトレード手法を使って利益を上げるためには、自分の判断力が絶対必要で、その判断力を磨くためには
毎日チャートとにらめっこをするのが唯一の訓練法です。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本