よいストレスと悪いストレス

車で道路を走っているとしとします。
3つの状況を考えてみます。

1・ すいている高速道路を走っている状況です。
歩行者に気を配る必要はなく、信号も対向車もなく
刺激がなく眠くなってしまうかもしれません。音楽を聴きならがボーっとしてしまいます。
ほとんどストレスは感じられないですよね。

2・ 雪道を走っています。
あなたは雪道を車で走ることは慣れています。スタッドレスタイヤを装着していますし、
道路の状態を注意深く見ながら、スピードを落とし、しっかりハンドルを握り、集中して雪道を走行します。
何もない高速道路をポーッとしながら走るのとは違い、アドレナリンが出て、臨戦態勢です。

3・ 同じように雪道を走っています。
しかしあなたは雪道走行に慣れていませんし、タイヤもノーマルタイヤです。
雪道道路での玉突き事故やスリップ事故が頭に浮かんできます。自分がそんな事故を起こしてしまうかもしれません。
ちゃんと走れるかどうかもわかりません。不安でいっぱいです。

1はストレスがほとんどない状態、
2はよいストレス、つまり自分の潜在能力が発揮されやすい状態、
3は悪いストレスです。雪道走行を自分でコントロールできる自信もなく不快なストレスを感じます。

2と3は同じ雪道走行ですが、
2では、しっかり準備されていて経験と自信があり対処する能力があると自分で感じています。
とっさの出来事にも集中して対処できるでしょう。
3では、準備もしていないし、経験もなく乗り越えられる自信がありません。
何かあったらどうしようと不安ですし、何かあったらアウトです。

さて
トレード中はストレスフリーという訳にはいきません。どんどん入ってくる情報に対処しなければなりません。
集中していなければ情報の取捨選択、決断、実行はできません。
あなたは2の状態でトレードしていますか?
それとも3の状態ですか?

トレード中の2の状態とは、適正なロットのサイズでトレードしていて、利益確定や損切りのプランを
しっかりと持っていて、そしてエントリー、利益確定、損切りのサインが出たら迷わず実行できることを
確信しています。すべて自分でコントロールできることを知っています。

そしてトレード中の3の状態とは、自分の許容リスクがわからずロットが大き過ぎ、利益確定や損切りのポイントを
決めていないので、いつもどうしようか迷ったり躊躇したりしています。起こったことに対していつも
ああすればよかった、こうすればよかったと後悔していて、欲求不満になり悲観的になったり、罪悪感を感じたり
抑うつ状態になったりします。

困難な状況がストレスをもたらすのではありません。
自分にその困難な状況を乗り越える力がないと知ること、
また、自分でコントロールすることができないという認識が悪いストレスになるのです。

しっかりと準備をし、自信を持っていることがトレードではとても大切です。
いつも2の状況でトレードに臨みたいですね。

ちなみに利益の金額はコントロールできません。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXを仕組みから知るための基本